データキャプチャ

パブリッシャーのためのデータ収集:それは何であり、なぜ収益にとってそれほど重要なのか?

絶え間なく進化するデジタルパブリッシングの状況に適応するために、パブリッシャーはデータ取得の力をこれまで以上に取り入れる必要があります。データの重要性を理解することは、高いコンバージョン率を維持し、顧客生涯価値とリテンションを最大化し、コンテンツによる顧客体験を最適化するために不可欠です。このデジタル時代において、オーディエンスデータがコンテンツ、デジタルマーケティング、ビジネス戦略を強化する貴重な資産であることは明らかです。

この記事では、データキャプチャの重要な側面について解説し、データの力を活用するために必要な基礎知識を提供します。

データキャプチャとは?

データ収集とは、読者、顧客、ウェブサイト訪問者に関する情報を収集することです。このデータは、マーケティングや事業開発の目的で使用されます。

データには大きく分けて、ファーストパーティ・データ、セカンドパーティ・データ、サードパーティ・データの3種類があります。つまり、ファースト・パーティ・データとは、読者から直接収集した情報です。セカンド・パーティ・データとは、企業間で共有される情報であり、サード・パーティ・データとは、第三者によって収集され、第三者から購入される情報です。

出版用語のブラッシュアップが必要な場合は、「究極のデジタル出版・メディア用語集」をダウンロードしてください

2022年にサードパーティのクッキーが段階的に廃止されることに伴い、ファーストパーティデータの価値が高まっています。ファーストパーティデータは、あなたのサイトでのユーザーの活動から直接収集されるか、ユーザー自身によって意図的に提供されます(これは「ゼロパーティデータ」とも呼ばれます)。

ファーストパーティデータを収集する利点は?

ファーストパーティデータの価値は、その本質的な正確さ、あなたと顧客の相互利益、そしてあなたがそれを所有しているという事実から生じます。

ユーザーから直接ファーストパーティ・データを収集するため、第三者の関与はありません。

効果的なファーストパーティデータの獲得は、ある種の価値交換に依存しています。これは、例えば限定コンテンツへのアクセスなど、個人のデータと引き換えに何かを提供するものです。こうすることで、オーディエンスは自分の情報を共有することで自分も得をした気分になります。そして、視聴者との透明で信頼できる関係を築くことができるのです。

なぜファーストパーティデータの収集がパブリッシャーにとって不可欠なのか?

購読体験を最適化するための貴重な洞察を得る

データキャプチャの力を理解することは重要です。オーディエンスのアクティビティやコンテンツとのインタラクションについて、比類のない直接的な洞察を得ることができます。これは、最終的にアウトプットを形成し、ユーザーエクスペリエンスを調整するのに役立ちます。オーディエンスの情報を収集することは、彼らの興味に合わせてコンテンツをカスタマイズし、パーソナライズするための鍵となります。オーダーメイドのエクスペリエンスにより、各ユーザーはそれぞれの興味に沿ったコンテンツに接することができ、個人的なエクスペリエンスを最適化することができます。

視聴者の信頼と忠誠心を築く

データ収集は単なる一方的な取引ではありません。視聴者との関係を育み、より良いサービスを提供するための効果的な仕組みでもあるのです。

データ・キャプチャ・プロセス自体の価値交換要素を通じて、情報を共有する顧客にインセンティブを与え、報酬を与えます。つまり、Win-Winなのです。いつどのようにデータを共有するかという選択肢をオーディエンスに与えることで、さらなる信頼性を得ることができます。また、個人の嗜好や行動に応じてユーザー体験を最適化することで、あなたのビジネスやコンテンツと彼らの関係を育み、生涯価値を拡大最大化することができます

有利な広告取引の確保

効果的な広告は、あなたのターゲットオーディエンスに関するデータなしでは不可能でしょう。あなたは彼らを理解せずに潜在顧客にアピールすることはできません。また、忠実で虜になるような読者層を確立しなければ、有利な広告取引を獲得することもできません。読者のデータは、広告のターゲティングをより正確にし、サイト上のスペースにより高いプレミアムを課すことも可能にします。

競争力のあるコンテンツの開発

データ収集もまた、ゲームをリードし続けるために不可欠です。ユーザーをより深いレベルで理解することで、彼らの嗜好に応えることができます。彼らがいつ、何を好んで読むかを知ることは、編集戦略から当て推量を排除できることを意味します。データ取得を正しく活用することで、最終的には、オーディエンスが欲しがり、お金を払ってくれるようなコンテンツや商品を開発することができるようになります。読者について得た知識はかけがえのない財産であり、データキャプチャーの威力をまだ理解していない競合他社に対して、独自の強みを発揮することができます。

効果的なデータ収集戦略の構築方法

データ収集の力を効果的に活用するために、パブリッシャーは強固で機敏なデータ戦略を開発する必要があります。匿名ユーザーを基本的なデータファネルに導くことは、言うは易く行うは難しです。どのように始めればよいのでしょうか?

聴衆を理解する

ターゲット読者のことを一番よく知っているのはあなたです。データ収集に「万能」な戦略は存在しないため、どのような種類の価値交換やデータ収集方法が特定の読者層に適しているかを考える必要があります。 例えば、彼らはペイウォールの向こうのコンテンツにお金を払う気があるのでしょうか?

データの統合

データを効率的に管理・統合するためには、データ収集ソフトウェアとデータ管理プラットフォーム(DMP)の両方を活用することをお勧めします。これにより、データ管理プロセスが効率化され、収集した情報の分析効率が最大化されます。

公正な価値交換を実現する

あなたは、視聴者のデータに対する要求が、価値のある交換にバンドルされていることを確認する必要があります。これは、彼らの情報を提供するための何らかのインセンティブや報酬を作ることを意味します。この交換がなぜ価値があるのか、実際にオーディエンスに伝えるようにしてください。

簡素化されたユーザー登録とプログレッシブ・プロファイリング

シンプルであるに越したことはありません。可能な限り、データキャプチャープロセスへの参入障壁を最小限に抑えるようにしましょう。また、データキャプチャは長期的な戦略であるべきであり、多様なデータキャプチャ方法を展開することで、時間をかけてオーディエンスを徐々にプロファイリングしていくものであることを念頭に置いてください。

ユーザーデータを活用してユーザー体験を最適化

収集したデータをどのように分析し、活性化させるかが重要です。得られたインサイトを活用して、特定のユーザーを特定のコンテンツに向かわせたり、パーソナライズされた購読体験を構築して試したりします。このデータは動的なものであり、ユーザーエクスペリエンスのために取っておくのではなく、コンテンツ全体のアウトプットと一般的なビジネスの軌道に情報を提供するものであることを忘れないでください。

データ・キャプチャーを受け入れる準備はできていますか?

データキャプチャは、あらゆる出版社のデジタル戦略に不可欠な要素です。まだそうでないなら、何を待っているのでしょうか?データキャプチャのパワーを活用することは、絶えず変化するデジタルパブリッシングの領域に適応し、競合他社に先んじるために不可欠です。

効果的なデータ収集にご興味のある方は、ファーストパーティデータ戦略でどのように企業を支援しているか、詳細をご覧ください!

Eブック

舞台裏

デジタルパブリッシャーがデータを活用して大きな成果を上げる方法

業界のリーダーから学ぶ

業界トップクラスの
知識や経験を活用

Zuoraは業界のリーディングカンパニーとして、専門家やお客様、そしてパートナーと協力し、「Subscription Economy(サブスクリプションエコノミー)®」の浸透を推進し続けています。

新しいビジネスモデル

あらゆるプロセスで動的にお客様を育てます。

Zuoraコミュニティ

同じ志を持つ専門家に相談しましょう。

Developer Resources

Zuoraテクノロジーを使って製品を開発できます。

Knowledge Center (en)

サブスクリプション時代にビジネスを成長させる方法をご紹介します。

The Journey to Usership
成功へと導く鍵が
ここにあります

顧客のニーズ、利用形態が変われば、それに合わせてビジネスを進化しなければなりません。Zuoraが提供するSubscription Economy®ソリューションはこれまで、グローバル規模で、最先端のサブスクリプションビジネスを数多く成功に導いてきました。

試してみる

Zuoraの製品を無料でお試しください

変革をリードしませんか?

サブスクリプションエコノミーによるビジネス変革への貢献をZuoraグローバルチームとともに一緒にしませんか。

Modern accounting leaders are always looking for new ways to strategically advise their business on scalability and growth. Historically, leaders would prioritize cost cutting measures and expense management. But as businesses adopt increasingly complex pricing models—incorporating a mix of subscriptions, one-time, and consumption-based offers—accounting leaders must shift their advisory focus to revenue recognition. 

As this shift continues, leaders are also becoming increasingly aware that their daily revenue recognition processes and financial close are becoming more time-critical, resource-intensive, growing in complexity, and prone to compliance risks. 

In fact, 76% of accounting leaders experience increasing pressure from the business to support new, more complex go-to-market models, products, and pricing, which may include consumption-based pricing and bundles. But at the same time, nearly 70% report that they do not have the right technology to address these growing demands from the business.

The obvious solution is to increase revenue automation, but what is the best approach? Many CAOs, controllers, and revenue accounting leaders may believe that their revenue process is already completely automated, but upon further investigation, they discover a web of spreadsheets combined with a customized revenue module within their enterprise resource planning (ERP) system. 

This error-prone, costly, time-consuming revenue process is anything but full automation. And simply put, if you have to wait until the books are closed to know what the monthly revenue is, then you aren’t automated.

True end-to-end revenue automation must include:

  • 90-98% of revenue recognition is automated in the system
  • Minimal manual interventions to process transactions
  • Real-time access to data and reporting
  • Out-of-the-box support for new products and pricing models

According to a recent MGI analysis of the industry, most companies who adopt an end-to-end revenue automation solution can see a positive return on investment (ROI) in just two quarters (6 months). But what does an end-to-end revenue module entail? 

While utilization of an ERP and spreadsheets does remove some level of manual effort, leaders may be surprised to discover that 60% of revenue accounting team members report that their current ERP revenue modules do not fully support business requirements, even with customization. 

In addition, 65% say ERP revenue modules were more expensive than anticipated, when factoring in customizations and ongoing maintenance leading to higher total cost of ownership (TCO) than planned. 

Clearly, an ERP revenue module on its own is not sufficient to support most businesses as they scale. However, a complete rip and replace of your current ERP system may not be the right option for your business either, so what is the alternative? 

More and more companies have shifted away from managing revenue recognition within their ERP and additional spreadsheets. Instead, they look for specialized tools, such as an enterprise-level revenue subledger—a purpose-built solution where data can be managed and accounted for in a controlled but flexible environment. Data can then be fed directly to the ERP general ledger for financial statement capture. 

In this article, we draw upon customer, partner, and analyst research, along with published vendor capabilities, to explore the pros and cons of popular ERP revenue modules. In addition, we propose options for using a revenue subledger in conjunction with your ERP to increase automation. 

When should you consider an ERP revenue module? 

While most ERP revenue modules from vendors like NetSuite, SAP, Microsoft Dynamics, or Workday are able to offer some revenue recognition automation, they are usually just one small piece in an ERP’s broad array of solutions. This means that developing and updating the revenue module to keep up with the ever-changing requirements of revenue recognition and—accounting teams at large—may not be a major area of focus or investment for the vendor.

According to MGI research, a small-business or mid-market level ERP revenue module can be a good fit for businesses with less complex revenue recognition policies, use cases, and lower transaction volumes. These solutions commonly offer many of the controls required for revenue accounting and allow for various revenue management scenarios. 

However, as businesses grow and their rev rec process becomes more complex, using an ERP revenue module in isolation can limit scalability and increase the need for manual workarounds. Additionally, since ERPs can be quite structured and controlled, implementing changes that allow your business to scale or work around outlier use cases can become time consuming and expensive. 

Businesses often find that they have to further customize the system and incur the never-ending management costs to update and maintain the customizations, or hire additional headcount to handle the required manual efforts.

Automated revenue management solution comparison

Many ERP vendors entice users to use their revenue module by providing low introductory licensing fees or a free trial, but you may be considering it and wondering about the pros and cons of these solutions. What are the indicators that a revenue module is a good fit for your company and how do you know when it’s time to look for a different solution?

As you evaluate your current rev rec processes, you should consider three key areas that can greatly impact your business, now and into the future: 

  • Complexity and variability: How complex are the transactions and workflows? How much variability of pricing, bundles, etc. is present? 
  • Volume and future growth: How many transactions are handled per month? How has the complexity of those transactions grown and how will they evolve moving forward? 
  • Agility and automation: Is your current solution capable of incorporating new business and pricing models without requiring IT resources? How does the solution handle ongoing changes and modifications to customer contracts? How quickly can you get offers to market? Are manual interventions required?
Small business to mid-market ERP revenue module* Enterprise-level revenue subledger solution*

Simple B2B business models

Complex B2B or B2Any business models

Low transaction volumes

High-volume B2C or B2Any offerings

Startups, small businesses, mid-market

Mid-market to enterprise

Minimal rev rec complexity

Increasing rev rec complexity including bundling

Minimal rev rec use case volume

Increasing number of rev rec use cases

Based on MGI 360 Ratings of leading suppliers of Automated Revenue Management (ARM) software tools.

パブリッシャーのためのデータ収集:それは何であり、なぜ収益にとってそれほど重要なのか?

To access the guide please complete the form